荒川製作所の概要

ガイドサイトで貴重な情報を得ることができます

もっと知りたい方はこちら
観光客には欠かせない事実

東京都立病院は、日本の首都に位置するユニークな病棟です。 荒川が流れているわけではありませんが、区名は荒川に由来しています。 北区、文京区、台東区、墨田区の隣には、足立区、北区、足立区があります。 区は英語ではArakawa Cityと呼ばれている。 オーストリアのドナウシュタットは荒川の姉妹都市である。また、オレゴン州のコーバリス市は、荒川区の双子の都市である。 国際的には、9つの都市圏や町村で同程度の量が発見されています。 2015年5月1日現在の区の推計人口は208,763人で、人口密度は1平方キロメートルあたり約20,550人です。 10.16km²が総面積です。

荒川の創業時

荒川区は、資本主義が台頭する以前の東京の歴史を感じさせる街であり、郊外の厳しさを感じさせる街として知られています。 戦後の神社仏閣が多いことでも知られ、のどかな都立公園やユニークな博物館、鉄道ファンのためのアトラクション、そして東京に2つしかない現存の路面電車があります。東京の北東部に位置する荒川は、観光客に人気のスポットです。 形は西から東に伸び、南北に届く細長い形をしています。 北側の境界は隅田川で定められています。さらに合計5つの特別区がユニットを取り囲んでいます。北には足立区、西には北区、南西には文京区があります。荒川の南には台東が、荒川の南東には墨田があります。

お寺や神社などの観光地にも足を運んでいただきたいので

神社仏閣

795年に建立された素戔嗚神社には、村の子供たちを養うイチョウの木があり、幹には名人の俳句が刻まれています。幹には名人の俳句が彫られています。また、神々が交信する石があり、近隣の病魔や病気、魔除けになっています。 南千住(日比谷南駅から1駅)へは、JR常磐線やつくばエクスプレスで行くことができます。 石浜神社には、約1300年前から長寿の神様である寿老人が祀られています。 また、隅田川の近くには、多くの古代の鳥居と、江戸時代の富士山信仰の霊的な名残である富士坂の碑を組み込んだ神社があります。 南千住駅からつくば南駅までは、日比谷線、つくばエクスプレス、JR常磐線で15分ほどで行くことができます。

芝生・歩道: 荒川は公共の憩いの場です

隅田川のほとりに位置するArakawa Nature Parkは、汚染された工業用地を公共のために再生する戦略の一環として設計されました。 園内には豪華な貯水池があり、野球場、バスケットコート、遊具など、子どもたちの遊び場がたくさんあります。 入り口のすぐ近くには都電荒川線の荒川二丁目駅があります。 お台場・西日暮里公園 西日暮里駅の西側に位置する西日暮里公園。 西日暮里駅の西側にある西日暮里公園は、木の葉の間から光が差し込む、緑豊かなスポットです。お寺や戦前の礼拝堂、古い東京の街並みを見る前に、旅人が身を寄せることのできる小さな避難場所がある

ミュージアム&アートギャラリー

ナースミュージアムは、蔦谷喜一氏のぬりえ技術を世界に紹介することを目的とした施設で、土日に公開されています。 蔦屋書店には200冊の塗り絵が展示されていますが、現代のアニメを見ているファンにとっては、蔦屋書店の作品が塗り絵のルーツであることがわかります。 ぬり絵や塗り絵を体験して、日本人らしさを感じてみてはいかがでしょうか。 都電荒川線「町屋二丁目駅」「東松山駅」からは電車で7分ほど。 荒川ふるさと文化館は、考古学的・歴史的資料をもとにした作品を展示し、地域の歴史を理解してもらうことを目的に開館しています。 古代から現代までのさまざまな時代の展示ゾーンがあります。

歴史的建造物やロケーション

都電荒川線は、現在は東京さくらトラムに名称変更されていますが、そのヴィンテージな美しさは健在です。 日比谷線の三ノ輪駅から徒歩5分のところにある三ノ輪駅は、荒川区の三ノ輪橋から都心の早稲田までを一直線に結ぶ、気軽に観光できる素晴らしい路線だ。 下御霊殿橋」とも呼ばれる日暮里で最も奇妙なモニュメントは、日本の鉄道文化を奇妙な形で伝えている。 この橋の下を1日に2,500本もの電車が行き交う様子は、鉄道ファンならずとも心を奪われることでしょう。JR山手線の日暮里駅北口では、数分間の時間が経過していた。 荒川区は住みやすい街として評価されている。 来日した外国人も「荒川東京」をよく知っている。 荒川区の北区、東区、中央区は、それぞれ異なる地域に分類される。

バー、カフェ、レクリエーション・インフラ

インフラストラクチャの詳細

バー、カフェ、レクリエーション・インフラ

東京の南側に位置する谷中と日暮里には、戦後から何十年も続いている日本食レストランやカフェがたくさんあります。東京を訪れるなら、さまざまなタイプの宿泊施設や食事、名所、観光アクティビティについて知っておきたいものです。 荒川区にある家族で楽しめる遊園地です。 訪れた際には、乗り物やアトラクションを楽しんだり、動物に触れたりしてみてください。 以前、MATCHAでは、日本最古の遊園地「花やしき」をご紹介しました。 クリエイティブプラスの第2回目は、東京都荒川区にある都営の遊園地「あらかわ遊園」をご紹介します。 この遊園地は1922年に設立されましたが、子供向けの乗り物が充実しており、入場料も100~200円と手頃です。 1991年にリニューアルされたこの遊園地は、時代遅れの雰囲気を感じさせない最新の外観となっています。

入場料金

入場ゲートでチケットを購入した後、すぐに園内に入る。 大人は200円、小中学生は100円である。 しかも、未就学児から高校生までの学生は平日に限り無料だ。 アトラクション広場は、タワーの真正面、中央にあります。 入り口には高さ32メートルの観覧車があります。 この観覧車は、1周するのに7分かかります。 天気がよければ、上から富士山が見えることもあります。 メリーゴーランドやジェットコースター、コースターカップなどのスリル満点のアトラクションのほか、日本一遅いジェットコースターとして有名なファミリーコースターなど、家族みんなで楽しめるアトラクションもあります。 乗車券は、1枚100円で購入できます。 遊具以外の乗り物を楽しむには、大人2枚、子供1枚のチケットが必要となります。

London, Delhi, Tokyo, and Bogotá are compared in this story.
London, Delhi, Tokyo, and Bogotá are compared in this story.

With 75,000 people per square kilometer, Delhi is over three times more densely populated than London at its peak. And it’s clearly visible how big is Tokyo compared to London and to other cities in our world. Cities do not stay the same. They change and adapt throughout time, just like living beings. In reaction to economic, political, and environmental changes, some expand while others contract. However, they do so in quite varied ways, reflecting local reactions to regional, national, and global changes.

japan centre leicester square

LSE Cities recently focused on the growth, governance, transportation, and density patterns of the four national capitals of Japan, India, Colombia, and the United Kingdom. Tokyo, Delhi, Bogotá, and London have a combined population of almost 80 million people (equivalent to Germany’s population) and a combined GDP of $2. 2 trillion, or three times the size of the Brazilian economy, according to the Brookings Institution. In the previous four decades. Tokyo has evolved into a highly efficient global megacity – however, despite its renowned integrated public transportation system and the 2020 Olympics, the city is expected to lose 400,000 residents over the next 15 years due to low birth rates and a declining national economy. London, on the other hand, has recently emerged from the demographic doldrums, surpassing its historic high of nearly 8.6 million people (its population in 1939) and riding high on its worldwide economic drawing power (it recently topped the Mori Memorial Foundation’s city’magnetism’ rating). Growth is fueled by a dynamic birth rate (twice that of Rome or Madrid) and high in-migration drawn to London’s resilient economy, which is aggressively promoted by its proactive mayors. With a population of just less than 8 million people, Bogotá, Colombia’s capital, has built on the wise policies of successive mayors to deal with typical Latin American trends of informality, violence, and uncontrolled expansion. Bogotá, along with Medelln, is seen as a regional paradigm on how to manage urban development, having introduced the Transmilenio Bus Rapid Transit and a huge system of cycleways (ciclovas, which predate Boris bikes by a decade). Despite being the capital of the world’s largest democracy, or perhaps because of it, Delhi continues to struggle to find a political voice. Despite being one of the safest megacities in the world, with 2. 7 homicides per 100,000 people compared to Bogota’s 16. 1, the metropolitan area of more than 23 million people has seen a sharp increase in inequality, despite the former chief minister’s pioneering efforts to build a metro system and introduce natural gas to its buses and rickshaws. The ‘fit’ between the size of the administrative boundaries governed by a city mayor or governor and the actual number of people who live in the ‘wider functional metropolitan’ area is at the center of current discussions concerning the efficiency of urban governance. As cities’ populations and footprints have grown over time, they have spilled into many political jurisdictions, resulting in fragmented decision-making and lack of coordination, despite the fact that they all ‘belong’ to a continuous metropolitan agglomeration. Only seven million of Mexico City’s 22 million citizens are actually under the supervision of the city mayor of the Distrito Federal, whereas the majority of the population lives (and pays taxes) in the surrounding legislative districts. Inability of a metropolitan-wide entity to raise funds and determine policy and investment strategies for the entire ‘functional’ area inevitably results in dysfunctional transportation, infrastructure, housing, and environmental policies that cannot be solved within the confines of limited political boundaries.

Shinto and Buddhist beliefs are common among Japanese people
Shinto and Buddhist beliefs are common among Japanese people

Despite the fact that only roughly 40% of Japanese people practice organized religion, around 80% of people in Japan participate in Shinto ceremonies, while approximately 34% of Japanese people claim to be Buddhists. Due to millennia of blending the two – known as shinbutsu – Shinto shrines and Buddhist temples are frequently found on the same place. Japanese cedar is also known to be the national tree of Japan, along with many other fun facts about the country.

Shinto shrines can be found all around Japan. A fascinating tidbit about Japanese culture! Shinto is a Japanese religion system centered on nature and a large number of gods. Shinto shrines can be discovered in unexpected settings, such as down back alleys, inside trees, beneath mountains, and at the base of skyscrapers. Omairi, or going to a shrine, is still a common occurrence; it’s not uncommon to see people praying at their local shrine on their way home from work.

manchester to tokyo flights
manchester to tokyo flights

Clapping is done while praying at shrines. This is one of the many fascinating facts about Japanese culture that we discovered while in Japan. Yep. But first, you bow, offer some tiny coin, bow deeply twice, ring the bell (which notifies the gods that you’ve arrived), clap twice, pray, and thank the gods in your head, bow deeply one more, and depart. In Japanese culture, shrine etiquette is a given!It’s very acceptable to eat alone in Japan. Unlike many other countries, walking into a restaurant and finding a table by yourself is not unusual. It’s common to sit alone at a bar and eat Japanese food.

There is a form of Japanese cuisine that is influenced by Western cuisine. Yes, this is another one of those fascinating and entertaining Japanese cultural facts. It’s known as yoshoku. When the county was opened to the West, it went to Japan. Hamburger steak, curry with a British flavour, and omurice (Japanese rice wrapped in an omelet) are also popular dishes. This is so embedded in Japanese culture as what Westerners eat that they are startled when a Westerner has never heard of omurice. For 1,400 years, Japan was almost entirely vegetarian. That may appear to be a bizarre fact about Japanese culture, yet it is correct. The Meiji emperor himself broke the taboo and ate meat in the nineteenth century, popularizing a Japan that was becoming more receptive to Western ideals. Prior to that, Buddhist laws enacted in the 7th century made it illegal to eat meat (birds and fish were okay, though). It is not customary to wear shoes indoors. Separate toilet slippers are frequently provided. Taking off your shoes before entering a house, restaurant, or hotel is a good practice because it keeps the dirt outside. After all, it’s not easy to get dirt out of a tatami mat.

Bowing to Nara’s deer Bowing – or ojigi – is important in Japanese culture, which is perhaps self-evident. And by that, we mean pretty much everyone. It’s a real thing, whether it’s a nod to the convenience store clerk or a massive bow to your boss. Your level of respect for the person you’re bowing to is determined by how many times you bow and how deeply you bow. Even buddies make bows to one another! There’s even a proper manner to hand a business card over. It’s all in the name of respect. It’s designed to be taken with both hands (and a small bow). Then you’re meant to examine it – nearly study it. Then you’re not supposed to stuff it in your pocket or throw it out carelessly. A wallet will suffice. Many people, on the other hand, have specialist cardholders. It’s enormous – almost everyone owns one. In Japan, being loud on the train is considered impolite. When you board a train in Japan, the first thing you’ll notice is how quiet it is. When people do speak, it is usually in hushed tones. On the train, people rarely make phone calls (a handy fact to know about Japan). Because you’re in such close quarters, staying to yourself is not just the most courteous but also the most logical thing to do. It’s all about achieving balance.

Shishi-odoshi
Shishi-odoshi

Devices produced in Japan to terrify animals that represent a hazard to agriculture The sound of a bamboo rocker arm hitting a rock is a shishi-odoshi, which disrupts the silence of a Japanese garden.

Japanese devices such as the kakashi (scarecrow), naruko (clappers), and szu that are used to scare away animals that represent a hazard to agriculture. It is synonymous with szu in a narrower sense. A szu is a sort of Japanese garden water fountain. It is made up of a segmented tube, commonly made of bamboo, that is pivoted to one side of its center of gravity. Its heavier end is down and resting against a rock when it is at rest. A trickle of water into the tube’s upper end builds up and finally moves the tube’s center of gravity past the pivot, forcing the tube to rotate and drop the water. The heavier end then hits the rock again, generating a harsh sound, and the cycle begins again. That’s what this japanese bamboo water feature is about.

Originally meant to shock animals such as deer boars that might be grazing on the garden’s plants, shishi-odoshi are now a part of the visual and acoustic design of gardens, and are employed largely for their aesthetic value.

The 10 Most Beautiful Bamboo Water Fountains

The sound of trickling or flowing water from bamboo water fountains can transform your yard into a calming, serene retreat.

Here are ten of the greatest bamboo water fountains that are both affordable and simple to install.

These fountains can be utilized as a standalone water feature indoors or outdoors, or they can be positioned in a garden pond.

There are affiliate links in this post regarding bamboo water fountains. For further information, please read the disclosure.

The height of this outdoor bamboo water fountain may be adjusted up to 24 inches (60 cm).

It will produce melodic splashing sounds at its highest point, while the sound will be tranquil and pleasant at its lowest point.

The bamboo spout is made of Tam Vong bamboo, which is stronger by weight than steel and resists splitting and cracking better than other bamboo species.

Here’s something a little different: a water garden! A water spout and sluices made of bamboo lead to a small pond.

Beginner (Multiple Days) Here’s a quick and easy way to add a relaxing waterfall to your yard. This Japanese bamboo water feature is simple to construct. We’ll show you how to build the bamboo sluice in a single day and we’ll also show you how to build a small pond to catch the water complete with a pump and water plants, if you want to turn this into a weekend project.

vintage japanese tea set

With an Antique Japanese Tea Set, you can add a touch of history to your tea party.

A fine example of Asian craftsmanship is an old Japanese tea set. Any Japanese tea set created before 1952 may be referred to by this phrase. A Japanese tea set built after 1920, on the other hand, is known as a vintage tea set.

Any collection would benefit from the addition of a reasonably priced Japanese porcelain tea set. Beginning in the 1500s, Japanese tea sets and teacups were transported into Europe. The era of very old Japanese tea sets is usually determined by the Japanese dynasties. If you come across any of them, you’ll need the assistance of a Japanese specialist to translate the markings. The dynasties are as follows:

  • Momoyama reigned from 1573 to 1603;
  • Edo (1603-1867) was a Japanese dynasty that ruled from 1603 to 1867;
  • Meiji (1868-1913) was a Japanese emperor who reigned from 1868 to 1913;
  • Taisho (1913-1926).
HF5

私たちの自治体では、都市のすべてのアトラクションを堪能することができます

観光客のために最高の多国籍サポートを提供します

ガイドの説明を受ける

都市周辺の注目すべき歴史的博物館

この公園に行くには、都電荒川線で荒川遊園地前駅まで行くのが一番便利です。 東京を訪れる観光客は、都内では珍しい路面電車を見て驚くことが多く、路面電車を見るためだけに訪れたいという人も多い。 そのため、敷地内には路面電車を紹介する小さな博物館が作られています。 博物館には東京の路面電車に関する資料もあり、スケールモデルのコレクションも展示されています。 入口から左手には、小さな博物館が入っている洋館があります。 ふれあいハウス」とは、その名の通り、博物館のことです。 ギャラリーの奥では、子供たちが電車のおもちゃで遊ぶこともできます。 男の子は、自動車や飛行機、電車などの乗り物が好きな子が多いですよね。 この子は電車に夢中になっていました。

近所のよだれかけにあるプールで泳ぐ

下流部の入場ゲートを抜けたところにある「こどもプール」。 夏場はプールとして利用されますが、プール上を運航する小舟もあるので、1年中利用できます(中学生以下150円、大人350円)。 動物エリアとふれあいエリアに隣接するアトラクションでは、動物たちを間近で見ることができます。 うさぎ、モルモット、ヤギ、ヒツジなどの動物たちを自由に触ることができます。 このエリアでは、鹿や牛などの動物も見ることができます。 また、料金を支払うと、動物に餌を与えることができます。 また、1日3回、ポニーに乗るイベントも開催されており、ポニーの乗り方を学ぶことができます。

東京の歴史ある定番遊園地「あらかわ遊園

入口から左手には、小さな博物館が入っている洋館があります。 ふれあいハウス」とは、その名の通り、博物館のことです。 遊園地のアトラクションエリアの外には、たくさんのエンターテイメントがあることに気づきます。 ピクニックシートを敷いて遊べる広々とした芝生広場もあります。 このエリアは、小さなお子さんも一緒に楽しめるように作られています。 プロのような釣りができる 荒川は釣りにも適している。進んでいくと、フィッシングエリアの看板が見えてきます。 あらかわ遊園は遊園地なので、小さなお子さんがいるご家庭では、親子で楽しむことができます。

東京の歴史ある定番遊園地「あらかわ遊園

荒川遊園地には、一度に乗れる遊園地、ふれあい動物園、夏には水しぶきのかかる川などがあります。 入場料は100円です。 都内で唯一の区営遊園地は、1950年に開園した「あらかわ遊園」です。東京都荒川区にある「あらかわ遊園」。 ここでは、そのおすすめポイントをご紹介します。観覧車、メリーゴーラウンド、ティーカップ、オーバーヘッドサイクル、釣り堀など、家族で楽しめる乗り物が揃っています。 公園に行くには、荒川都電のトロッコに乗ります。 他の日本のヴィンテージテーマパークに興味があるなら、花やしきアミューズメントは良い選択肢です。

天才・阿川明の軌跡

Title 注目すべき人物像

土と火に興味を持ち、建築家から陶芸家への転身を決意した。独学で修行を積み、陶芸の名人となる。 29歳の時に、伝統や文化、遠州の風景を題材にした会社を立ち上げた。 芸事の一環として、造形、焼成、釉薬などを学びながら、焼締志野、鳴海織部、雑賀御本手、曜変天目、黒織部、焼締などの独特の美を開発し、自分の手作りの窯で追求してきました。 最近では楽焼の研究にも力を入れており、楽焼の中でも色が異常に濃い「虹彩楽」を新たに制作しました。 荒川明の陶房では、茶碗、水指、湯呑み、徳利、コーヒーカップなどのほか、陶壁やモニュメントなどの装飾品が人気を集めている。

偶然にも偉大な男

荒川という名のノートルダム

戦後3年間は地元の医師夫妻の家に転居したが、繰り返し見る悪夢が軽減されるかもしれないという期待感から、悪夢が治まった。 荒川は10代で医学に興味を持ち、医師の助手を兼務しながら美術、絵画、科学を学び始めた。 1954年から1958年まで日本で医学、数学、美術を学び、その間に数々の "ハプニング "を演出した。 1960年から65年まで東京でネオ・ダダのメンバーとして活動し、米軍基地の撤去を求めるデモにも参加した。 1961年にニューヨークに移住した荒川は、作曲家のジョン・ケージ、美術家のマルセル・デュシャン、作家で哲学者のマデリン・ギンズと出会い、やがて結婚します。

自分の目で確かめる

未来最大の建設プロジェクト

首都圏唯一の遊園地である荒川区の「荒川遊園」が30年ぶりに大幅に修復され、2021年夏にリニューアルオープンする見込みであることが、運営する事務所の発表で明らかになりました。 「コーヒーカップ」の代わりに「ウォーター・シューティング・アトラクション」を設置します。乗客は、移動中のターゲットに水鉄砲を向け、発射する。 交換用の観覧車は、現在の観覧車よりも8メートル高い位置に設置されます。 日本で最も遅いジェットコースターという栄誉を持つファミリーコースターは保存されます。 また、「家」の施設には、ボルダリングパッドや従来よりも広いダイニングルームなど、設備やアメニティが追加されています